スーパーGTは来シーズンに使う30万リットルのCNFを輸入。輸送時に発生するCO2を考慮すると早期の国産化が欠かせない

 カーボンニュートラル社会を見据え国内のモータースポーツ業界が次世代燃料の実用化に動き出している。スーパーGTを運営するGTアソシエイション(GTA、坂東正明社長)はこのほど、ドイツの燃料メーカーであるハルターマン・カーレス製のカーボンニュートラルフューエル(合成燃料、CNF)を採用すると発表した。2023年シーズンから全参戦マシンが使用する。市販車ベースのスーパー耐久シリーズでは水素やバイオディーゼルなどを燃料とするマシンが参戦している。次世代燃料はカーボンニュートラル社会でも内燃機関を活用できる燃料。モータースポーツで実用化に向けた性能や課題の検証が進めば、市販車に応用できる可能性もある。

 GTAが23年シーズンから採用するハルターマン製のレース燃料ブランド「ETSレーシングフューエル」の再生可能レース燃料。セルロース(植物ごみ)から生成された炭化水素と酸素含有物から作られる。バイオ成分は100%で、性状やオクタン価は日本の自動車ガソリンエンジンの規格に適合する。

 CNFは光合成で二酸化炭素(CO2)を吸収した植物由来の原材料を用いることから、燃焼してもCO2発生量は相殺される。性能は既存の無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)と同等。トヨタ自動車が事前に行ったエンジンベンチテストでは、理論空燃比(ラムダ)合わせや点火時期調整、温度対応などの調整で、ハイオクガソリンとほぼ同じ性能になることが確認されたという。

 使用するCNFは、ハルターマンの英国拠点で製造し、GTAが来シーズンに使用する30万㍑を船便で輸入する。コストは1㍑当たり千円と、依然として高い。国内のスーパーフォーミュラも同じCNFを使用する予定。

 また、スーパー耐久では昨シーズンから次世代燃料を使用するマシンが相次いで参戦している。21年シーズンから自動車メーカーの開発車両が参加可能な「ST―Q」クラスが新設されたためで、トヨタは水素燃料、マツダがバイオディーゼル燃料、スバルとトヨタがCNFをそれぞれ燃料に使用するマシンで参戦している。

 カーボンニュートラル社会に向けて、自動車走行時に排出されるCO2排出量を削減するため、グローバルで電気自動車(EV)シフトが加速している。ただ、EVも電池の資源問題や充電インフラ、国・地域によってCO2を大量に排出する化石燃料を使った発電比率が高いなどの課題を抱えている。CNFなどの次世代燃料もコストなどで課題があるものの、既存の内燃機関や燃料供給インフラを流用できるなどのメリットがある。

 走る実験室のモータースポーツ業界で、カーボンニュートラル社会に対応した自動車用燃料を試験して、将来の実用化する道を模索する。