日本交通科学学会(有賀徹会長)はこのほど、都内で第14回「交通科学シンポジウム」を開いた。高齢化による身体・精神機能の低下が運転に及ぼす影響や高齢運転者による事故事例の分析、歩行中に死亡した高齢者の歩行挙動の解析のほか、眼科領域の疾患に起因する事故の運転者責任に焦点をあてた分析などを4人の専門家が説明した。シンポジウムは、日本自動車工業会(豊田章…