磁気マーカーで自動走行を支援する(愛知製鋼製の磁気マーカー)

内閣府主導の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、羽田空港地域で自動運転バスを使った次世代交通システムの実証実験を開始したと発表した。道路側に敷設した磁石「磁気マーカー」を使って自動操舵の精度を高めるとともに、信号情報やバス専用レーンといった交通インフラの情報を活用して定時運行性の向上につなげる。自動運転の技術を公共交通の分野にも応用し…