「第54回交通科学学会総会・学術講演会」には154人が出席。医療、工学、行政の幅広い視点で交通社会の安全、技術を討議

日本交通科学学会(JCTS、有賀徹会長・代表理事)は6月28、29日の2日間、首都大学東京南大沢キャンパス(東京都八王子市)で「第54回日本交通科学学会総会・学術講演会」を開催した。今回は「技術革新で交通社会の安全を!」をメインテーマに五つのシンポジウム、10分野の一般演題を展開。154人の参加者が高齢者のモビリティー、自動運転をはじめとした自動…