◆国内事業の競争力強化などを柱に/ニッパツ玉村和己社長2014年度は厳しい経営環境になると想定される。グループがグローバルで持続的に成長し続けていくために、改善・改革の手を休めることはできない。足元…