ハイブロックエルデ
コーセーレーシングセネカRP08

 ジャパン三陽(須賀川敏一社長、茨城県水戸市)は、アルミホイールの新製品2機種を発売した。「コーセーレーシングセネカRP08」は、光生アルミニューム工業(松田冬樹社長、愛知県豊田市)とのコラボレーションで開発。軽量ながら高い剛性を実現する次世代ホイールとして展開する。「ハイブロックエルデ」はビードロック風なデザインを採用しており、市場が拡大しているSUVユーザーをターゲットに訴求していく計画だ。

 ハイブロックエルデは16、17インチの中で6サイズを用意した。価格は3万4100~4万4千円。

 コーセーレーシングセネカRP08は16インチのみで、本体色が2色。各色4サイズを展開する。価格は3万3千~3万4100円(消費税込み)。