都心部の配達で商用EVの活用が進みつつある

世界的な環境規制の強化に伴い、クルマの動力源を内燃機関から走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないモーターに切り替える動きが活発になってきました。日本でも2050年にCO2排出量を実質ゼロにするため、電動車の普及拡大に向けてさまざまな取り組みが進められています。EU域内では、2021年から新車で販売する乗用車が排出するCO2を、平均130㌘/㌔㍍…