日立金属は、2021年度末までにグループ全体の従業員数を3230人削減すると発表した。19年度末の3万5400人から約1割減らす。定年退職による自然減に加え、早期退職の募集や臨時従業員数の適正化で収益に見合う人員体制にする。また、22年度末までに各拠点のオフィス面積を縮小し、賃料を現状の3分の1に縮減する。米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの感染拡…