日立金属は28日、製品検査不正の再発防止で、2024年頃までに100億円を投じて検査データの適切な生成・管理を自動で行うシステムを各製造拠点に導入すると発表した。昨年4月に同社が発表した検査不正では、データの書き換えや、検査せずに過去の実績値を基にした数値の記載などが発覚。これを受け、人為的な検査データの書き換えを防止するITシステムを構築する。…