システム利用のイメージ

沖電気工業は、AI(人工知能)を使ってサイバー攻撃に対するセキュリティー監視を効率化する攻撃監視システムを開発したと発表した。ウェブサイトへのアクセスを監視して不審な端末を絞り込むもので、従来の検知エンジンとAIを組み合わせることで監視業務の高度化と効率化を実現する。同社はまず、社内セキュリティー監視業務での利用を始めた。システム利用前後では攻撃…