日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)が5日発表した「2021年度第2回(第104回)自動車整備技能登録試験(学科試験)」の合格者数は、2万4061人だった。10種目の受験者数は2万8866人で、合格率は83・4%だった。登録試験は3月20日に実施した。

 試験種目別の合格者数は次の通り(カッコ内は受験者数と合格率)

 ▽一級小型自動車(筆記のみ)=1381人(2341人、59・0%)▽二級ガソリン自動車=9081人(1万420人、87・1%)▽二級ジーゼル自動車=7434人(7838人、94・8%)▽二級自動車シャシ=213人(232人、91・8%)▽三級自動車シャシ=1298人(1947人、66・7%)▽三級ガソリン・エンジン=2840人(3801人、74・7%)▽三級ジーゼル・エンジン=595人(832人、71・5%)▽三級二輪自動車=251人(294人、85・4%)▽自動車電気装置=331人(497人、66・6%)▽自動車車体=637人(664人、95・9%)