JFEスチールは2日、超高張力鋼板(超ハイテン材)を、自動車向けのエネルギー吸収部品に適用できる新構造を開発したと発表した。複数の材料を組み合わせるマルチマテリアル技術を活用したもので、樹脂を超ハイテンと軟鋼板で挟み込むサンドイッチ構造を採用、自動車の軽量化と衝突安全性能の向上に寄与する。電気自動車(EV)への採用を視野に開発を継続し、2025年…