東京大学大学院新領域創成科学研究科の鎌田実教授は、1990年代半ばから高齢者や障害者の移動手段に関する研究に取り組んできた。2000年からは高齢社会の到来を見据え、高齢運転者の特性や高齢者の移動手段…