会社は一時の苦境を脱しました。経営者としては喜ぶべきことなのですが、素直に喜べません。その理由を大木和弘社長(55)は「この状態で社員を含めて満足なのかということを考えてしまうから」と打ち明けます。…