自動車産業は、素材、開発、製造、販売、運輸、整備、関連サービスと多岐にわたり、そこに従事する550万人が支えている。日本自動車会議所は昨年、日頃の地道な取り組みを認識し、感謝することを目的に「クルマ・社会・パートナーシップ大賞」を創設した。第2回の募集開始を前に、改めて賞の意義や今後の展望について、内山田竹志会長と選考委員長を務める鎌田実東京大学…