東レは、折り曲げ疲労耐久性を従来の15倍に高めた新たなポリマー材料=写真=を開発したと発表した。2021年度からサンプル出荷を開始し、自動車用途のほか、家電、スポーツ用品などでの採用を見込む。新たに開発したエンジニアリングプラスチック「ポリアミド6(PA6)樹脂」は、PA6が持つ耐熱性と剛性、強度を維持しながら、疲労耐久性を両立したのが特徴。PA…