新型シエンタを生産するTMEJの宮城大衡工場(宮城県大衡村)

 トヨタ自動車は生産準備のリードタイム短縮に乗り出す。車両設計、生産技術、工場の各担当者が連携し、試作車を生産ラインに流す量産試作を従来より前倒しで行う「号試先行(号先)」をトヨタ自動車東日本(TMEJ、宮内一公社長)で生産する新型「シエンタ」で先行導入した。生産準備期間の短縮によって、顧客ニーズや先進技術を量産開始のぎりぎりのタイミングまで反映できるようになる。今後、トヨタ本体での導入も検討し、効率的に新型車を投入していく体制を構築し、競争力強化につなげる。

 トヨタでは、量産品を「号口(ごうぐち)」と呼び、その試作車を量産ラインに流すことを「号口試作(号試)」と呼んでいる。新型シエンタでは、量産開始までのリードタイムを短縮するため、この号試を前出しする号先に挑戦した。

 これまでは技術部から工場側へとプロジェクトを引き継ぐ際、開発車の性能に問題がなく、大きな設計変更がないことを証明する性能確認を行ってきた。号先では、開発の最終工程となる性能確認期間の後半から号試を開始し、生産準備のリードタイム短縮につなげた。

 TMEJでは開発車両ごとに部署を横断したチームを構成し、設計段階から生産技術や工場担当者が参加する「同期設計」によって手戻りの削減に取り組んできた。また、生産準備で最も時間を要するプレス金型や樹脂部品の製作前倒し、期間の短縮も同期設計の枠組みで実現した。

 新型シエンタでは、新車投入タイミングが決まっていたため、生産準備のリードタイムの短縮はあくまでトライアルとなる。だが、生産準備期間を短縮することによって、今後は開発設計を量産開始直前まで行うことが可能となり、顧客ニーズや先進技術をぎりぎりまで採り入れて商品化することができるようになる。号試を前倒しすることでラインの作業習熟向上や品質の作り込みなどにもつながる。

 開発から生産準備まで一気通貫で行うことにより、各機能間で発生する手戻りを減らし、全面改良時にも生産設備を極力変更しないよう配慮して設計する「設備の使い切り」などにも取り組み、量産までの期間短縮とコスト低減につなげた。