川崎重工業が11日に発表した2021年3月期連結決算は、売上高が前年度比9・3%減の1兆4884億円、営業損益が53億円の赤字となった。モーターサイクル&エンジン事業の改善はあったものの、航空宇宙システム事業の悪化が響いた。22年3月期の業績予想は、売上高が同0・8%増の1兆5千億円、営業利益は300億円で黒字化を見込む。

 モーターサイクル&エンジン事業は、コロナ禍で新興国向けの二輪車などが大きく落ち込んだものの、オフロード四輪車が好調で売上高は3366億円と前年並みを確保した。営業利益は固定費や販促費の削減によって117億円となった。22年3月期は二輪車需要の回復を見込み、売上高は3800億円、営業利益は170億円を予想する。