当社は昨年、創立100周年を迎え、2020年はまた新たなスタートを切る年となる。数年来、行ってきた既存事業強化のための大型投資や新製品開発など、まいてきたものが実り、刈り取る時期となった。着実に成果…