経済産業省は、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)時代の到来を見据え、自動車産業内で協調領域の深化・拡大を促す。自動運転の安全性評価や半導体、ヒューマン・マシン・インターフェース…