若きエンジニアたちが3千㌔㍍の大地を駆け抜ける―。10月にオーストラリアで開催されるソーラーカーレース「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ(BWSC)」には、日本の大学や高校から4チームが出場する。ソーラーカーレースは、車両の空力性能や耐久性、軽量化で勝敗が決まると言われている。自動車の開発に通じるところも多い。トップチームの中には国…