日本ミシュランタイヤは、ヤマト運輸との「物流改革共同プロジェクト」が本格運用を開始したと発表した。今月10日には日本ミシュランタイヤの東日本地域の中央倉庫、伊勢崎倉庫(群馬県伊勢崎市)から荷物を初出荷した=写真。

 両社は昨年9月、日本ミシュランタイヤの物流をヤマト運輸が一元管理する契約を締結した。物流や在庫管理の最適化に共同で取り組むことで、リードタイムとコスト、温室効果ガス排出量の削減などを目指す。

 今後、両社はDX(デジタルトランスフォーメーション)化の推進にも取り組むとしている。製造過程でタイヤに内蔵されるICタグ「RFIDタグ」を活用し、タイヤの製造年や生産国の識別などの作業を簡素化する。荷受けやピッキング、出荷などの作業にかかる人員を省人化し、将来的には、顧客が注文したタイヤの配送状況を確認できる仕組みの実現も視野に入れるという。