写真はイメージ

 ホンダは17日、米国とカナダの5工場の稼働を22日から停止すると明らかにした。半導体不足に加え、昨年から続く慢性的な港湾の混雑、2月の寒波による部品供給遅れが原因だ。状況が不透明なため、影響台数や具体的な稼働停止期間は明らかにしていない。

 米オハイオ州の2拠点とインディア州、アラバマ州、加オンタリオ州の各1拠点の稼働を停止する。ホンダは1月に半導体の影響で米国の一部拠点で工場を停止。2月中旬にも大型寒波の影響で米国やメキシコで稼働を止めていた。