WILLER(ウィラー、村瀨茂高代表取締役、大阪市北区)など全国の高速バス事業者57社は、高速バスのコロナ禍対策を共同で検討、実施する企業連合「高速バス安心推進コンソーシアム」(事務局・同社など)を設立したと発表した。今後、バス利用者を対象としたアンケートを実施して参加各社間で意見交換を行い、行政や有識者からの助言も共有して各社のコロナ禍対策に生…