豊田合成は、自社で開発した深紫外LEDが新型コロナウイルスの不活性化に役立つことを確認したと発表した。専門家で構成する認定特定非営利活動法人のバイオメディカルサイエンス研究会と共同で試験したところ、深紫外線を照射してから5秒以内に99・9%以上の不活性化を確認したという。今後、さまざまな機器メーカーと組んで製品への実装を目指す。