日本自動車工業会(自工会、豊田章男会長)が31日に公表した7月の自動車輸出台数は、前年同月比34・6%減の29万1171台だった。新型コロナウイルスの影響で仕向け地の需要が縮小しており、依然として低水準ではあるが、減少幅は6月(51・8%減)と比べて改善した。地域別で改善傾向が目立ったのは北米だ。6月は同65・2%減だったが、7月は同14・8%に…