三井住友海上火災保険は、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)時代に対応した新たな保険商品やサービスの開発体制を強化する。営業企画部内に専門チームを新設。今後、自動車メーカーや通信会社とも連携しながら開発スピードを速め、年内にも新商品の提供を開始する計画。車両の知能化が進展すると交通事故が減少し、損保各社の長期戦略に影響が生じる…