三菱電機は22日、人工知能(AI)技術やドライバーモニタリングシステム(DMS)を活用して安全運転や快適性向上を支援するHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)技術を開発したと発表した。DMSを使って運転者の顔の向きを推定、見落としている可能性のある車両や歩行者の存在を認識するよう注意を促す。運転者の発話を特定し、自然な会話で運転経路を確認…