◆生き残りへ合従連衡や異業種と提携100年に1度の大変革期を迎えた自動車業界。モビリティの進化を下支えするサプライヤー各社は厳しい生存競争を勝ち抜くため、合従連衡や異業種との提携を交えつつ、将来を見据えた新技術の開発に経営資源を投じてきた。相次ぐ電気自動車の投入や完全自動運転車の量産化が始まる2019、20年は、サプライヤー各社にとってもこれまで…