日産自動車は、軽電気自動車(EV)「サクラ」と7月に発売した新型「エクストレイル」の受注を10月31日から停止したことを明らかにした。受注は好調な半面、半導体や部品不足の影響で納期が長期化しているため。いずれも受注の再開時期は未定だ。

 サクラと共通設計の三菱自動車の「eKクロスEV」は、受注を継続しているという。