双日傘下の双日モビリティ(中土浩一社長、鹿児島市)は24日、キャンピングカー販売店「グランキャンパートウキョウ」をアクアシティお台場(東京都港区)内にオープンした。同社は今月、「キャンパー鹿児島」ブランドを手掛けるKアクセスを子会社化して設立した。都内の商業施設に出店することで、事業拡大につなげる。また、今後も都市部を中心に店舗の拡大を検討する考えだ。

 店内には、新たに開発したキャンピングカー「リベロ」を含む3台の車両を展示。そのほか、調理器具や椅子などのキャンピング用品も展示販売している。気軽に立ち寄れるイメージの店づくりとしたことで、高額商品の印象が強いキャンピングカーの敷居を下げ、30~40歳代といった若い年齢層のニーズを取り込んでいく考えだ。