JFEスチールは、西日本製鉄所倉敷地区にある高炉を電炉に切り替えると発表した。2027~30年の高炉の改修時期を迎えるタイミングで、大型の電炉を新設する。高炉からの転換で年間300万㌧の二酸化炭素(CO2)排出量削減効果を見込む。

 自動車向けなどの高品位の高級鋼材は高炉で生産している。高炉では鉄鉱石をコークス(石炭)で還元する際、大量のCO2を排出する。電炉は鉄スクラップなどを電気で溶かすため、高炉と比べるとCO2排出量を抑えることができる。

 電炉で自動車向けに使用できる高級鋼板を製造する技術を開発して実用化する。

 鉄鋼業界は国内製造業が排出するCO2排出量の約4割を占めており、鋼材製造時の排出量削減が大きな課題となっている。