ホンダ・レーシング(HRC、渡辺康治社長、埼玉県朝霞市)は、四輪車と二輪車のモータースポーツ領域におけるシナジー創出を加速する。四輪では市販車の販売に、二輪専用だったHRCブランドを活用する。一方、四輪の競技で進めている電動化やカーボンニュートラル燃料の技術を二輪にも適用していく。四輪と二輪で分散していたレースの知見やブランド力を統合し、モータースポーツの活性化につなげる。

 ホンダは1日、四輪のレース機能をHRCに移管した。23日に開いた新体制での活動方針説明会で、渡辺社長は「二輪、四輪の分野でそれぞれが持っている技術やノウハウの相互連携と運営の効率化を図り、より強いレースブランドを目指す」と述べ、相乗効果を高める考えを示した。

 HRCブランドの四輪市販車への適用は今後具体的に検討するが、高性能パーツや量販車のレース仕様車の展開などを検討しているとみられる。