国土交通省関東地方整備局と東日本高速道路(NEXCO東日本)は12日、東京外かく環状道路の大泉ジャンクション(東京都練馬区)から掘進作業を行っている本線トンネル(南行き)工事で、シールドマシンが損傷したことを発表した。現在シールドマシンは停止中で、補修に必要な期間は半年程度を見込んでいる。

 7日に大泉ランプと本線トンネルが合流する区間に設置していた硬質ウレタン製の地中壁部の切削を行っていたところ、シールドマシンの前面のカッターが鋼材に接触して土を攪拌(かくはん)する部品が損傷した。

 地中壁の設置位置は、設計値と比べて下方90㌢㍍、水平方向に約10㌢㍍の差異が生じていた。そのため、カッターが地中壁の鋼材に接触したという。詳しい原因や補修の状況、工事の再開見通しは今後公表することとしている。