フォルシアクラリオン・エレクトロニクスは、1DIN型の6チャンネルドライブレコーダー・デジタルタコグラフ通信型一体機「CF―6000A」「CF―6000L」を7月に発売する。

 フルHD対応高画質カメラなど、最大6台のカメラを接続でき、目的や用途に応じたシステムの構築を可能にした。また、加減点方式によるレーダーチャート表示、右左折・バック時の運転診断サービスを搭載し、安全運転をサポートする。走行時間、走行距離、瞬間速度の法定三要素を記録する「常務日報」、法令に準拠した乗務等の項目を記録する「運輸日報」を自動で生成し、業務効率化を実現した。動態管理や位置情報サービスなどの機能を持つクラウド活用車両管理システム「セーフ―DR」を搭載する。

 「CF―6000L」と、SSD256㌐バイトを搭載し、64㌐バイトのSDカードが付属する「CF―6000A」の2機種をラインアップする。価格はオープン。