日英EPA会談のもよう(2020年10月)

日本の自動車産業は、グローバルな事業展開に力を入れています。国内市場の成熟が進む一方、伸びしろがある海外事業の経営に及ぼす影響が非常に大きくなりました。かつて日系メーカーは車両輸出が収益の要でしたが、日本車を大量に輸入していた米国が長年の貿易赤字に業を煮やし、1980年代に日本に本格的な市場開放と自国内での生産を求めました。「日米自動車摩擦」とい…