新商品などを紹介しているオンラインフェアページ

 ソフト99コーポレーションは、カーケア商品のラインアップ拡充を加速する。コロナ禍でマイカー利用が増加し、「洗車が趣味の一つになりつつある」(同社)などユーザーのカーケア意識も従来に増して高まっている。コロナ禍を契機としたユーザーニーズの変化を、迅速に商品開発に反映して市場投入することで販売増と収益拡大につなげる。3月と5月に主力ブランド商品など計4アイテムを発売する。

 3月に、業界初(同社調べ)の洗車用散水ノズル「Gジェッター」を発売する。ホースにセットしたノズルのレバーなどで水流や水形を無段階で調整できる。洗車効果や作業性を高められることから、本格的な洗車を好むユーザーをターゲットとした新商品だ。

 手軽に作業できるカーケア商品では、水なしで洗車とワックスを施工できる「フクピカ」シリーズから「フクピカGen5」を、車内クリーナー「ルームピア」シリーズから「ルームピアパネルクリア」を追加して3月に発売する。

 フクピカGen5は、ボディーとガラス双方に使用可能。ルームピアパネルクリアは、カーナビゲーションシステム(カーナビ)や光沢樹脂パーツ、ルームミラーなどの皮脂汚れを防ぐ。両商品とも拭くだけで汚れを落としてコーティングできるもので、洗車を手軽に済ませたいユーザーを対象に拡販を狙う。

 発売から今年で30年を迎えるガラス・ミラー撥水剤「ガラコ」シリーズからは、「ぬりぬりガラコギガ丸」を5月に限定販売する。液量は既存商品(内容量は120㍉㍑)の2・5倍に増量している。

 今春発売の新商品やグループ会社の商品、サービスなどの紹介は、「ソフト99スプリングフェア2021」で12日までオンラインで実施している。従来は、東京支店(東京都江東区)で新商品の展示会などを実施していたが、コロナ禍を受けてオンラインでの開催に変更した。

 会期中、カー用品店やプロコーティング施工店など自動車関連では約400人が参加する予定で、一般ユーザー向け商品のほかにもディーラーやプロコーティング施工店向け商品やサービスも紹介する。