豊田合成は、細胞を生体に近い構造で培養できる「ウレタン微細発泡膜」を開発したと発表した。自動車用ステアリングで蓄積したウレタン材料の技術を応用した。実用化に向けて実証を進める。開発した微細発泡膜は、膜の両面に2種類の細胞を培養できることが特徴。細胞が混じり合うことを防ぐとともに、膜に設けた孔の大きさを制御し、血管や腸といった生体組織に近い構造を再…