ホンダは、10代を応援する次世代育成プログラム「ザ・パワー・オブ・ティーン」の参加者募集を開始したと発表した。応募者はレーシングドライバーの佐藤琢磨選手などによる双方向のオンライン授業に参加できるほか、選出されると自分の夢をライブ配信形式で発表できる機会が得られる。新型コロナウイルスの影響で若者が夢や目標に悩んだり、見失ったりしている状況に対して夢の実現を後押しする。

 対象は日本在住の13~19歳(2021年3月31日時点で20歳以下)で応募期間は10月24日まで。実現したい夢を描いたシートなどをオンライン上でアップロードして申し込む。応募した人は3人のスペシャルゲストによるオンライン授業「シェア夢授業」に参加し、質問などができる。応募の中から選ばれた5人は、自分の夢を12月6日にオンラインライブ配信の「シェア夢発表会」で発表し、自身やほかの子どもたちにも刺激を与えてもらう。発表者はホンダジェットに乗れる体験会にも参加可能。