パワートレインのみならず、ブレーキやタイヤなどにも画期的な技術を搭載する
新型ミライのコンセプトカー。市販車の技術開発も進む

 水素マシンによるモータースポーツが立ち上がる。独エンジニアリング会社で、メルセデス・ベンツのモータースポーツ活動を行うHWA AGは、燃料電池をパワートレインに採用した新たなレースシリーズ「HYRAZE(ハイレイズ)リーグ」を2023年に創設すると発表した。シリーズパートナーにはデクラやシェフラーなど部品サプライヤーも参画しており、次世代自動車の技術開発力をモータースポーツと融合させる。車両技術の電動化が世界規模で進む中、ゼロエミッションのレーシングカーが走り出す。

 マシンの全体的なコンセプトと主要コンポーネントは、HWAによって開発される。搭載される燃料電池は2つ。水素と酸素の化学反応によって発電。4輪に装着する電気モーターは800馬力を発揮する見込みだ。

 パワートレイン以外にも画期的な技術が搭載される。例えばブレーキシステム。ブレーキダストはそのまま放出されるのではなく、車側で捕捉し、環境に優しい方法で処理するという。タイヤは再生可能な原材料で開発し、シャシーパーツは天然繊維複合材で作られる。

 シリーズパートナーを務めるデクラは、モータースポーツの安全に関する専門家と協力し、レースカーの安全コンセプトを開発する。主に水素コンポーネント、ドライバー、観客保護に焦点を当てており、剛性の高いカーボン構造は、クラッシュ時のあらゆる荷重から水素タンクを効果的に保護する。また、柔軟性も兼ね備えており、2台がT字に衝突するTボーンクラッシュ時にはエネルギーを散逸させる効果がある。

 デクラのテストラボでは、プロトタイプ部品を用いて適切なテストが行われているという。

 シェフラーは、電気モーターやステアリングなどのコンポーネントの技術パートナーとしてプロジェクトに関わっている。車両に搭載されるステアバイワイヤシステムは電子的にステアリングを管理し、ステアリングコラムの機械的な連結をなくす。

 車両電動化の潮流はモータースポーツ業界にも波及しており、電気自動車のフォーミュラレース「フォーミュラE」には、メルセデスのほか、ポルシェやアウディ、日産自動車など世界の自動車メーカーが参戦している。

 ハイレイズリーグのスタートは23年だが、トヨタ自動車が年内にも燃料電池車(FCV)の新型「ミライ」の発表を予定するなど、FCVの技術開発も進む。HWAは「あらゆる分野の最新技術を応用して技術移転の重要な原動力とし、未来のモビリティのための理想的な開発プラットフォームにしていく」方針だ。(水町 友洋)