ランボルギーニ最大出力のV12エンジンを搭載したサーキット走行専用車「エッセンツァSCV12」
CFRPモノコックによってロールケージを不要にするなど、随所に最新技術を注ぎ込んだ

 伊ランボルギーニは、サーキット走行専用に開発した新型スポーツカー「エッセンツァSCV12」を発表した。販売台数は限定40台。同社最高となる出力830hp超の自然吸気V型12気筒エンジンを搭載する。同時に、炭素繊維複合素材(CFRP)製モノコックを採用して1・66㌔㌘/hpのパワーウエイトレシオを実現し、運動性能を高めた。国際自動車連盟(FIA)の安全規則に合致したGTマシンとする。オーナーには同社の本社近隣に新設したガレージを含む保管サービスを提供して、サーキット走行を支援する。

 新型車は「イオタ」「ディアブロGTR」などの系譜を受け継ぐサーキット走行用のスポーツカー。後輪駆動のミッドシップ車で、6速シーケンシャル変速機を搭載する。CFRP製モノコックによって、ロールケージなしでサーキット走行に対応する車体剛性と衝突安全性の確保を実現した。

 ギアボックスに直接ロッドを取りつけるプッシュロッド式リアサスペンションを採用するなど、レーシングカー同様の設計を随所に盛り込み、回頭性と安定性の両立を目指した。ホイール径はフロント19㌅、リア20㌅で、ピレリ製スリックタイヤを標準装備する。

 保管サービスでは、ガレージにウェブカメラを設置して、オーナーが24時間、愛車を確認できるようにした。さらに、様々なカスタマイズサービスを提供して、走る楽しみを支援していく計画だ。