ホンダはものづくりの原点に立ち返り、人の気持ちを中心としたモビリティを追い求めたことで、感性価値を重視するという発想にたどり着いた。限られた資源の中でも最大限に快適性を表現するために、コスト配分にメリハリをつけ、人の目や手に直接触れる部分に対しては重点的にコストを集中。人が五感で感じる心地よさを新型「フィット」の各部位へと落とし込んでいった。通勤…