マツダは、商品価格を維持することで短期代替を促し新車販売増に結びつける「トレードサイクルマネジメント(TCM)」をグローバルで推進する。TCMは新車販売時の値引き抑制や残価設定型ローンの付帯、中古車販売の強化などで商品の残価を維持し代替サイクルを短縮する取り組みで、日本国内で先行している。海外では米国などで値引きの抑制に取り組むが、同様の循環を海…