2019年の軽自動車市場は2年連続で190万台超えを達成するなど力強さをみせている。ユーザーの軽人気の高まりに加え、「軽ユーザーの税負担をこれ以上、増やさない」という業界をあげた活動が奏功している。全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の堀井仁会長に、20年の展望を聞いた。(木村 優、西村真人)-19年の新車届出台数は前年を若干下回った「昨年は『令和…