2020年の中四国地区の新車市場では電気自動車(EV)の存在感が一段と高まりそうだ。自動車業界全体が100年に1度の変革期に直面する中で、CASE(コネクティド、自動運転、シェアリング、電動化)の波…