車の本質的な価値である「移動の自由」を示す場になる (写真はトヨタのe―パレット東京2020仕様)    

東京2020オリンピックの開幕まであすで200日となった。パラリンピックを合わせた来場者数は1千万人を超えるとみられ、自動車業界にとっては自動運転の技術力を世界に発信し、社会での受容性を高める絶好の機会だ。日本自動車工業会が開幕直前に会場周辺で自動運転の大規模実証実験を実施するほか、トヨタ自動車は選手村の移動用に自動運転車を提供する。自動運転の〝…