人口減少と少子高齢化が進む日本では、生産年齢人口は1995年のピークから2040年には3分の2となり、毎週約1万人が減少する。すでに、運転手、店員、労働者、技術者、さらに介護人材の高齢化と不足が顕在…