自動運転の実験を行う大型バス
遠隔監視システムのイメージ
交互通行実験のイメージ

東日本旅客鉄道(JR東日本)が主催するモビリティ変革コンソーシアムが、JR東日本管内の気仙沼線BRT(バス高速輸送システム)専用道で、自動運転バスの実証実験を実施すると発表した。11月25日から2020年2月14日まで、気仙沼線BRT・柳津駅~陸前横山駅間の4.8kmを自律走行し、それ以外の専用道、一般道はドライバーが運転する。

今回の実証実験では、BRT専用道上に設置した磁気マーカの情報をMIセンサで読み取り、自車位置を高精度に特定、GPSなどの電波が届かないトンネルを含む専用道上を走行する。日野自動車の「ブルーリボンシティ」をベースに改造した大型自動運転バスがアクセルとブレーキを自動で制御し、柳津駅~陸前横山駅のBRT専用道上を最高時速60km/hで自動走行し、専用道に設置された駅のホームに密着して停止するようステアリングを自動制御する。

車内に設置したカメラを使って走行中の乗客の席移動などを人工知能(AI)で検知し、オペレーターに自動通知する。乗客の転倒などの事故を防止し、自動運転バスの車内モニタリング機能の効果を検証する。

また、無線を使った信号制御についても実証する。車両の位置情報を無線通信で取得し、自動運転バスと対向車両の一方に優先権を信号情報として通知、車両1台分の幅のBRT専用道で交互通行を実現する。無線通信は700MHz帯、LTEに加え、Wi-Fiを併用する。

このほか、準天頂衛星「みちびき」などを活用した自動運転バスの測位実験や、専用道に設置した機器による障害物検知の実験も実施する。