スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーターは、新型「キャリイ」を発表した。1・5リットルガソリンエンジンを搭載した小型トラックで、三方開式の荷台は積載量と広さを確保するとともに、地上高を低くして重い荷物の積み下ろしをしやすくしたという。初年度の生産台数は7万台を計画。4月にインドネシアで販売を開始して以降、100カ国・地域にも輸出する。

 海外向けのキャリイは、1976年にインドネシアで生産を開始した。スズキのインドネシアでの販売では小型トラックが約5割を占めている。価格は約105万~112万円。