日産自動車が未来のコネクテッドカーの技術コンセプトを打ち出した。車内外から収集した“人”や“道路”の情報をクラウド上のバーチャルな世界(メタバース)で統合し、それを車両の乗員にビジュアルで伝達する「インビジブル―トゥ―ビジブル(I2V)」だ。乗員がAR(拡張現実)ゴーグルをかけると、遠隔地にいる人が分身(アバター)となって目の前に出現。あたかも同…